WordPressのパーマリンクの設定

Macでアフィリエイト
no

WordPressをインストールしたらまず最初に設定しなければならないのがパーマリンクです。パーマリンクとは各記事のURLのことで、メニューの「設定」→「パーマリンクの設定」から変更できます。

デフォルトだと“http://mac-net.biz/?p=123”のように記号が入りあまり美しくありません。

また、動的に生成されたページということがわかるので、一昔前は検索エンジン対策上よくないといわれていました。(今の検索エンジンではそういことはないと思います)

それから、途中でパーマリンクの設定を変更すると全ての記事のURLが変わることになり、検索結果や被リンクに大きな影響を及ぼしてしまいます。

ですのでWordPressをインストールしたら必ず最初にパーマリンクの設定を決めましょう。

パーマリンクの設定は左のメニューの「設定」→「パーマリンクの設定」で変更できます。そのページを開くと下図のようなオプションが並んでいます。

「日付と投稿名」や「月と投稿名」はURLがやたら長くなるのであまりオススメしません。誰かに教えるときに長いURLって何となくイヤですよね?

「数字ベース」はシンプルで良いのですがサーバーを移転した時に記事のID(数字)が変わってしまうことがあります。それに加えて、個人的にはURLにキーワードが含まれている方がSEO的に良いと思います。

これは検索順位に関係するいう意味ではありません。
検索結果の一覧でURLにキーワードが含まれていると、下図のようにキーワードが強調されるんですね。これが少しでもクリック率を上げることに貢献するんじゃないかな〜と期待しています。

そんなわけでこのサイトでは「カスタム構造」で

/blog/%postname%/

と設定しています。“%postname%”は投稿タイトルまたは投稿スラッグを表示するという意味です。

こうするとURLが“http://mac-net.biz/blog/sample-post/ ”になりシンプルですし投稿タイトル次第でURLにキーワードを埋め込むことも可能です。

本当は投稿スラッグだけで“http://mac-net.biz/sample-post/”にしたいのですが、これは記事の数が増えてくるとWordPressのパフォーマンスに悪影響を与えるそうです。

ちなみに、“/blog/”のところは好きな文字列でOKです。

ここをカテゴリーにしたいという人も結構いるかも知れません。その場合には

/%category%/%postname%/

とすれば良いのですが、これもパフォーマンスに影響を与えるそうです。また、カテゴリーを複数選んだ時には一番小さいIDのカテゴリーが使われるので、自分の意図したものにできない場合もあります。

僕がどうしてカテゴリーを使わないかというと、将来的にどうしてもカテゴリーを変えたくなった時に記事のURLまで変わってしまうからです。

記事のURLというのは大切な資産です。できるだけ変化する要因が少ないように設定すると後々潰しが効くと思うんですね。これは複数サイトをWordpressで作ってきて思うことです。

いろいろな考え方があるのでどれが一番だとは言えませんがご参考までに!

参考サイト:パーマリンクの使い方 – WordPress Codex 日本語版

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。