TimeMachine用のハードディスクのデータを移す

Macでアフィリエイト
no

今までバックアップに使っていたHDDが手狭になってきました。

メインマシンのMacBook ProのHDDは250GBで200GBほど使用。

一方、TimeMachineでつかっているHDDも250GB・・・

これでは手狭になってもしょうがないですね。

実際、2週間分ぐらいまでしかバックアップが残らなくなっていて、これではTimeMachineを使ってる意味があまりないなぁと感じていました。

といことで奮発して2TのHDDを購入♪

1Tで2パーティションに切って一方をTimeMachineに使うことにしました。

TimeMachineに使わない方のパーティションは動画ファイルの保存に使います。

最近、セミナーのDVDなどを全部取り込んでMacですぐ見れるようにしているのですが、これらのファイルは元データがあるのでバックアップは不要。なので外付けに保存でもよいかなと。

さて、HDDを変更するに当たって、できれば今までのバックアップデータは引き継ぎたいですよね。

最初は単純に古いHDDから新しいHDDにコピーすればよいのかと思ったのですが・・・

出来ませんでした。特殊なファイルのようで普通にはコピーできないんですね。

ではということで、ディスクユーティリティの復元を試すもこれもダメ。

「この操作の許可はできませんでした。」とのメッセージが・・・・

どうしたものかと色々調べてると同じことをしている方のブログを発見しました。

「Time Machine」から「Time Machine」へ

そこに書いてある通り「SuperDuper!」というバックアップソフトを使ってみることに。

SuperDuper20101213-2

使い方は簡単です。Copyの方に今まで使っていたHDD、toの方にコピー先にHDDを指定。usingはBackup-all filesを選びます。

後はCopy Nowボタンをクリックして待つだけ。

約220GBのコピーに4時間18分19秒かかりました。もっとバックアップのサイズが大きいと一日仕事になりそうですね・・・

SuperDuper20101213-1

コピー終了後、TimeMachineの管理画面でハードディスクを変更します。

変更した直後は「最古のバックアップ:」と「最新のバックアップ:」のところが表示されないのでうまく認識できていないのかと焦りました。

しかし「今すぐバックアップを作成」を選ぶと数分ほどかかりましたが無事認識して普通にバックアップ完了。

その後TimeMachineに入って過去のデータをチェックしてみるとちゃんと以前のバックアップデータも出てきました。

これで一安心です。

後で調べてみるとディスクユーティリティで復元できると言う情報もありました。

なの試しに新しいHDDのパーティション間で復元を試みてみると・・・

メッセージも出ずに復元が開始されました!

ただ残り7時間とかでたので最後まではやりませんでしたがそのまま続ければコピーできそうな感じ。

なぜ、最初にやった時はダメだったのかナゾです。アクセス権の問題のような気はしますが・・・

もし、同じことをする場合はまずはディスクユーティリティの復元から試してみるとよいかもしれませんね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。