MacOS Xで忘れたパスワードを調べる方法

Macでアフィリエイト
no

最近はいろんな所でパスワードを要求されるようになりました。

でも、自分でパスワードを決めたならまだしも、登録した際に自動的に発行されたパスワードなんて覚えてられませんよね・・・

特にインターネット上のサービスの場合、一度入力するとその後は自動入力にしている人も多いのではないでしょうか?

普通はそれで良いのですが、Macを再インストールしたり違うブラウザでログインしようとしたときにとっても困りますよね。

メモってないしパスワード確認の手続きもめんどくさい。

でも、自動入力になっているIDとパスワードはMacの中にちゃんと保存されています。実はそれを簡単に確認する方法があるんですね。

それはズバリ「キーチェーンアクセス」を使うことです。

これはMacOS X標準でユーティリティの中に入っているアプリケーションです。

キーチェンアクセスを起動して左のリストにある「ログイン」をクリックすると、左にログインした項目の一覧リストが出てきます。

「種類」でソートするとわかりやすいかなと。AirMacのパスワードやiTunes Storeをはじめとしていろいろありますよね?

キーチェンアクセスの起動画面

インターネットのサイト関係のパスワードは「Webフォームパスワード」という種類のところを探せば出てくると思います。名前のところをみてログインしたいページと同じドメインのものを探しましょう。ドメイン名の後にある括弧内の文字がログインIDになります。

希望の名前を選んで下にある「i」と書かれたボタンをクリックします。(ダブルクリック、または右クリックで「情報」を選んでもOK)

そうすると次のような画面が出ます。

キーチェンアクセスの情報画面

ここで「パスワードを表示」にチェックを入れるとキーチェンのログインパスワードを求められます。これはMacのログインパスワードになります。これだけはさすがに覚えておいてくださいね。

キーチェンアクセスログイン

それを入力するとパスワードが表示されます。

キーチェンアクセスの情報画面ログイン後

Webサイト以外にもネットワークの接続設定、メールやFTPなどのアカウントとパスワードもここで調べることができます。

忘れた!

というときは慌てずにまずはキーチェーンアクセスをチェックしましょうね。

逆にキーチェンアクセスを使うとあらゆるパスワードを盗まれる危険があることも認識しておきましょう。マックのログインパスワードは慎重に管理しましょうね。

コメント

  1. 光明が見えて来ました!感激です!!ありがとうございます!!!

  2. 私もパスワード忘れていてこのサイトで復活できました!
    キーチェーン盲点でした!ありがとうございました!

コメントする


※メールアドレスは公開されません。