Mac App Storeがオープンしました。

Macでアフィリエイト
no

Mac App Storeがついにオープンしましたね。

ソフトウェアアップデートでMacOS X 10.6.6のアップデートをすると使えるようになります。

最初はiTunesの中にMac App Storeの項目が追加されるのかと思っていたのですが・・・

iTunesを見ても何も変化がない。

よく考えたら、iTunesはアップデートしてないから変化あるはずがないですよね。

で、どうやってアクセスするんだろうと思っていると、アップルメニューの中に新しい項目が!

macappstrore

どうなるんだろうとドキドキしながらクリックすると・・・

macappstrore-3

こんな画面が出てきました。どうやら独立したアプリケーションのようです。

macappstrore-2

で、気になる中身ですがビックリしたのはiLife、iWorkの中身がばら売りされている点。

これは結構魅力的かも。

例えば、僕はGaregeBandは絶対に使うことがないソフトです。でもiPhotoやiMovieはよく使う。

そういう時にばら売りされていると無駄なソフトをかわされたイメージが無くていいですね。値段も一律1700円。まだiLife11を買っていないので思わずポチっとしたくなりました。

Apple以外のソフトの場合、安いという印象は無いです。

例えばBBB EditやCODAなどは直接メーカーのサイトから買った方が安いです。

各ソフトの画面には開発元へのリンクがあるので、そこを確認してからどちらで購入するか判断した方がよいですね。

この価格差はそのうち解消されるんでしょうか?

Appストアの契約条件はわかりませんがiPhoneと同じなら売上げの何%かAppleにマージンを払う必要があるはず。

なので、同じ値段だと開発元の利益は減ってしまいます。

Appストアからのアクセスを自社サイトへ流しそこで買ってもらう形になればよいですが、そうすると今度はAppleが美味しくないです。

なので、この価格差に関してはなんらなかの対策を取ってきそうな気がします。それかAppストアならでは特典みたいなものがつくのかな?

今後の展開が気になるところですね。

ソフトの数はすでにたくさん登録されていて、現状でも選ぶのがちょっと大変。

でも、こうやってMacのソフト開発に参入してくる人が増えて盛り上がってくるといいですね。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。